これはClot de les Soleresワイン醸造所のウェブサイトです。

- 簡単なHeretat Ferrer de la Vall de Piera (Anoia)の歴史
- 環境に優しい有機栽培の自然酒造のワイン(亜流酸塩の入っていないワイン)の工程
- ぶどう園と葡萄酒醸造所の写真です



alt





     地所

ヘリテージフェレールデラヴァルエステートは、スペインのカタルーニャ州のピエラ、アノイアの自治体に位置しています。

16世紀以来のフェレール-ド-ラ-ヴァルの農家の記録があります。 歴史的には、フィロキセラの到着(1888年)まで、この地所は主にブドウ栽培に専念しており、約2-3ヘクタールの森林と菜園のための1ヘクタールしかありませんでした。

この地所は130Haで構成されており、そのうち23Haは現在、灌漑なしで乾燥したブドウ園に捧げられています。

土地は石灰質のタイプであり、砂利の凝集といくつかの粘土石灰岩の露頭があります。

この地所は、一年中を通してマイルドな気候を持っており、南東に位置しているため、冬の時期の北からの風に直接は当たらない場所にあります。夏場は、日中の約1時ころにマリネイドが訪れ、湿度を運びすがすがしさを葡萄の木に与えてくれます。一番暑い月で、平均温度が約29度、冬の寒い月で約2度程で、冬場に氷結したりする事はほぼありません。年間降水量は約606リットルです。

     ブドウ園

海抜290-325メートルの間に位置し、ブドウ畑はピエラの自治体に属し、Penedèsの原産地指定システムに属しています。また、キャバ(Cava)、カタルーニャ(Catalunya)の原産地呼称制度にも属します。

こちらの地所はドライではあるが、灌漑が起こるほどではなく。白い種類の葡萄はより繊細で害虫などに弱いので通気の良いところでブドウ園の中でも高い位置に植えます。こうする事によって白い種類のブドウの生産量は減りますが、品質とグレードが上がります。赤い種類の葡萄は白いものに比べて強いので、ブドウ園の中でも低い位置に植え、そのため、収穫が多少遅れることもあります。

すべての不動産のブドウ畑は、王室のシステムでvinedされています。 私たちは短い剪定を行い、頭あたり二つの芽と各腕にちょうど三つの頭を残します。 私たちは手動で剪定(緑の剪定)を行い、草と芽を手動で剪定します。 最も敏感な白い変化(Macabeo、シャルドネおよびMalvasia)のために私達はより多くの日光を得るために臨時の葉の取り外しおよびブドウのための通気を行い、糖への大きい変形のために必要とされる葉区域とのバランスを追求している間。

私たちはエコロジーを目指したブドウ園でもあります。常に銅と硫黄の投入を最低限に抑え、ブドウの木が自ら外部からの攻撃に抵抗できるように努めています。私たちは好んで土を耕し植物でカバーをしません。これは冬と春に水を吸わせる為、限定して浸食し、これによって植物相を保つことにより私たちにとって有益になります。ただ、時により妨害がありブドウの木が自らバランスをもつこともあり、それは外から圧をかけてそうさることにより質が落ちる事にならないようにします。そして害虫の対策にフェロモンを撒き駆除をすることもあります。年に2~3回草を刈ります。

こちらのブドウ園は自然栽培認定(CCPAE)を得たブドウ園です。

園では以下の種類の葡萄を育てています。






     葡萄酒製造所

Clot de les Soleresは、Heredat Ferrer de la Vallのプロットの一つからその名前を取っています。

フェレール-ド-ラ-ヴァルの農家は16世紀以来知られています。 16世紀から17世紀にかけて作られた様々な拡張以来、いくつかの発酵槽の桶があります。

1880年頃、ワイン生産専用の別の建物が建てられ、発酵バットと1000リットルの樽が貯蔵されました。 彼らは年に応じて、ブドウの1300から1800負荷の周りに1600から2000Hlのワインに変換することができたことが知られています。

1888年頃、フィロキセラがピエラに到達すると、経済的な問題と労働力の不足のために土地の一部が放棄された。 20世紀を通じて、ワインの生産プロセスは1970年代末から1980年代初頭まで徐々に減少していましたが、当時、ワインの生産は商業ベースで決定的に停止し、その決定は地域の偉大なカヴァ生産者にすべてのブドウの生産を販売することでした。

2000年には、新しいブドウ畑を植えることによって、ワイン造りの古い家族の伝統を復元することに賭けま

2006年には古い葡萄酒製造所を改築し、元の構造は残したままで、最新の機械とステンレスのタンクを導入しました。

高品質の職人のワインを作るプロジェクトは、ブドウ園での仕事を尊重し、反映するという意志から始まりました。 Clot de les Soleresは、独自のブドウのみを生産しています。

2008年には、最初のワインがブランド"Clot de les Soleres"の下で市場に出されました。

"Clot de les Soleres"ワイナリーでは、亜硫酸塩やその他のエノロジー添加物を加えずに、何も取り除いたり加えたりすることなく、自然のワインだけを作ります。 私たちのワインは、ブドウ畑の気候変動の表現として、一年ごとに異なる特性を示しています。

私たちは製造過程をすべて自分たちで負担しており、その品質と起源を保証しています。
― オーガニックブドウの栽培
― 手摘みそして箱にいれての運搬
― 添加物を加えない手の込んだ製造と有機栽培カレンダーを用いている
― ボトルとラベル作業

私たちのすべてのブドウ畑はHeretat Ferrer de la Vallエステート内にあり、高品質のブドウの非常に低い生産を得ています。



alt





     場所

ブドウ畑はピエラの自治体に位置し、地中海性気候、暖かく穏やかなだけでなく、多くの日照時間を持っています。

私たちは、バルセロナから50キロとサンSadurní d'Anoiaから15キロにあります。

GPS座標: 緯度: 41.50137412803559  経度: 1.7511097999389449

グーグルマップリンク




alt





     私たちのワイン

私たちの葡萄酒醸造所では、有機栽培の方針とカレンダーに忠実です。自分たちですべての内部仕事、例えば、運搬やボトル作業などすべて行い日々有益に作業ができるように努力をしています。欠けている月の時に保存をし、マカべオワインの香りが高まるように花の日を選び、ほかの様々な種類のブドウの鮮度を上げるために果実の日を好みます。

私たちはもっぱら、職人技光る添加物がいっさい含まれていないワイン、自然酒造 のワインを作ります。

ワインはもっぱらブドウから作られた様々な過程を得て作られた芸術品です。

ナチュラルワインは、欧州共同体規則n°479/2008によって定義されているように、"ブドウ製品のカテゴリー"と題された附属IVで、発酵ブドウジュースで作られたワインです。 したがって、それは承認されたエノロジー製品(選択された酵母、亜硫酸塩、酵素、酸、細菌)の無限のリストなしで作られています。

私たちは自然酒造のワインとは科学添加物など一切含まれないものと理解しています。そしてまた、ワイン学的に認知されている添加物も一切含みません。ろ過や浄化なども一切行われていません。

この過程の結果、私たちの作るワインはピュアで生き生きとした作品になっています。

私たちのワインはとても大切に敬意を持ってしてブドウ園と向き合い、その結果、健康的でバランスのとれた葡萄たち、除草剤や植物検疫の製品、人工的な化学肥料など一切使われずにできています。ブドウは丁寧に手で摘まれ、上等の品質をもっています。

私たちのワインは自然な工程だけで作られており、ほかに修正などをいっさいしていません。そのため、毎年その味や色、香りなど特徴が違い、また二度と同じものが出来ない特性を楽しむことが出来ます。それらは、降水量やブドウの熟し方そして、摘まれ時やブドウの木の位置など様々な特徴によってそれらは異なります。


そんな私たちのワインを最高の品質、状態で保つために以下の保存状態をお勧めします。
― 冷たい場所での保管(温かい場所での保存を避ける)
― ボトルに直射日光が当たらないように避けて保存する
― 度ボトルを開けたら、飲み終わるまでは冷蔵庫で蓋をしっかりと閉めて保管する


これらが私たちの作るワインです。













alt





     コンタクト








ソーシャルメディアでのフォローよろしくお願いします。

facebook instagram twitter




wine in moderation
Clot de les Soleres © 2021